YOSSY LITTLE NOISE WEAVER 

"Sun and Rain” LP  2019.4.10 release!!

4th.Album"Sun and Rain”2018.7.4release

Sun and Rain  収録曲

1 Thunder

2 Ghost

3 Talking About Love

4 Dancing Man , Singing Man

5 コトバ

6 雨ふり (with ハナレグミ)

7 そんな感じ

8 In My Pocket

9 Pretty Little Thing

参加アーティスト(50音順)

伊賀航

石井マサユキ

栗原務(Little Creatures)

小池龍平

椎野恭一

波多野敦子

ハナレグミ

4th.ALBUM

Sun and Rain

4th.JULY.2018 release

BUS-005 

2700yen(with tax)

01_Thunder

02_Ghost

03_Talking About Love

04_Dancing Man , Singing Man

05_コトバ

06_雨ふり (with ハナレグミ)

07_そんな感じ

08_In My Pocket

09_Pretty Little Thing

アルバム『Sun and Rain』はライブ会場、全国のタワーレコードなどのCDショップ、Amazonでの通販、iTunesなどの配信で入手可能です。

Apple Music、Spotifyなどでも聴くことができます。

 

 

 

 

 

 

また、CDを取り扱っていただける全国のレコード店、

カフェや雑貨店なども随時募集しております。

コンタクトよりご連絡下さい。

待望の LP 2019 4/10 発売決定!

今回のLP化にあたって曲順を改めて組み直しました。ぜひアナログで聴いていただきたい最高の音に仕上がりました!

HMVオンラインストア

■ARTIST:YOSSY LITTLE NOISE WEAVER
■TITLE:Sun and Rain

■LABEL:Lawson Entertainment, Inc.(HMV record shop)
■CATNO.:HRLP160
■FORMAT:LP
■税抜価格:¥3,800
■発売日:2019年4月10日(水)発売
【収録曲】
SIDE A 1 Thunder 2 Ghost 3 In My Pocket 4 そんな感じ 5 コトバ
SIDE B 1 Talking About Love 2 Dancing Man , Singing Man 3 雨ふり(with ハナレグミ) 4 Pretty Little Thing

7インチシングル 2018 7/4発売

「Ghost / Talking About Love」

JET SET『アーティスト・DJが選ぶ2018年ベストディスク!』にて

7インチシングル『GHOST/TALKING ABOUT LOVE』を小西康陽さんに”ダントツ1位”で選んでいただきました!>>>LINK

7インチレコード (クリアカラー)

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

「Ghost / Talking About Love」

価格:1,400円+税 商品番号:PORT-001 発売日:7/4(水)

ライブ会場のほか、下記ショップでもなどご購入いただけます 。

JET SET京都店

JET SET下北沢店

JET SETオンラインショップ

HMV record shop 新宿ALTA

HMV record shop コピス吉祥寺

HMV record shop 渋谷

HMV&BOOKS online

​コトバ

music video

MUSIC VIDEO Directed by 三田村 亮

出演 : 小川沙希 

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

「コトバ」

music &words by YOSSY

YOSSY : Vocal, Keyboard

icchie : Trumpet, Trombone

石井マサユキ : Guitar

波多野敦子 : All Strings

伊賀航 : Bass

栗原務 (Little Creatures) : Drums

YOSSY LITTLE NOISE WEAVERがタワーレコード

「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスターに登場。
ハンバート ハンバートとの共演です。


 

PRESS

TAP the POP

(2018.7.31)

3rdアルバム『VOLCANO」より8年ぶり(!)と、長い時間をかけて熟成させながら到達した本作には、どのような変化があるのだろうか?

一番の変化は、前作リリース以降に目覚め始めたYOSSYの"うた"への向き合い方だろう。

それまでは英語詩中心で、ヴォーカルも1つの楽器として語感を楽しむスタイルだったのが、より"伝える"ということへの意識の変化から、日本語詩の楽曲に取り組んでいるのだ。

それは、言葉と間を大切にするアーティスト=ハナレグミや、メジャーフィールドど真ん中で活躍し続けるMr.Childrenのサポートといった活動から受けた影響も大きいだろう。

また、関西から関東へ移り住んだこと…とくに現在は自宅で練習や録音のできる素晴らしい環境で、思いついたアイデアをすぐに試せたり、納得いくまで2人のアンサンブルを高められたりと、ストレスなく音楽と向き合えていることで、2人の演奏を、より繊細に、包容力に満ち溢れたものにしている。

本作ではYOSSYの鍵盤とicchieのトランペットという軸はそのままに、この自宅スタジオ"STUDIO OPPE"で波多野敦子(ヴィオラ)、伊賀航(ベース)、栗原務(ドラムス)といったミュージシャンを中心に、リラックスした雰囲気でレコーディングを敢行。

しっとりとした歌声が心地よいハナレグミとのデュエット「雨ふり」、軽快なSKAナンバー「Talking About Love」、表情が刻々と変わってゆく空模様を巧みに表現した「Thunder」などを含む全9曲。8年待ったリスナーの期待を、どれも軽く越えてくる名作が誕生した。

                                                                                                                                             text by 斉藤jose